ジュニアアスリート競技力向上『軟式野球教室』スポーツ振興くじ助成事業

事業名 ジュニアアスリート競技力向上『軟式野球教室』スポーツ振興くじ助成事業
実施日時 2012年8月19日(日)~2012年12月16日(日) 計10回
実施場所 西条西中学校・坊ちゃんスタジアム・ひうち球場 ビバ・スポルティアSAIJO・西部公園グラウンド
講師氏名 市外講師(森田 洋生氏・四之宮 大輔氏) 市内講師5名
対象者 市内ジュニアアスリート

・今年度の、西条市次世代育成支援スポーツ事業「軟式野球教室」については、従来年間1回トップアスリートを招聘して指導して頂く内容から、スポーツ振興くじ助成事業を活用して、年間10回に渡って、優秀な指導者を招聘してジュニアスリート及び指導者のレベルアップを図る目的で、8月19日(日)に第1回教室のスタートをしました。

・市外講師として、ノンプロで活躍された、高知県の森田 洋生氏、松山市の四之宮 大輔氏、市内コーチとしてもノンプ等で活躍されたメンバーが指導して下さいました。
・第1回は、真夏の暑い時でしたが、教室開始前に突然の雨となり、グラウンドが水浸しになって中止もやむを得ない状況でしたが、幸い水はけが良いグラウンドで30分後には十分使用出来ました。

・森田講師からの指導は、守備ではグラブの角度、足の角度と送球動作について、打撃ではバットの振り出し角度を特に指導して下さいました。
・第2回目は、松山市の坊ちゃんスタジアムにて、愛媛県選抜チームと練習試合を2試合行いましたが、残念ながら2試合ともに3点差にて敗れました。

・強いチームとの対戦を通じて、何が足りないのかを学ぶとともに、今後の教室に活かすよう講師の方々は真剣にチェックしていました。 ・第3回以降は、屋内運動施設(ビバ・スポルティアSAIJO)やひうち球場などを活用して、基礎練習・練習試合などで講師の指導を受けながら徐々にレベルアップを図りました。
・スポーツ振興くじ助成事業を活用させて頂くことは、非常に重要で受講生や指導者にとって、貴重な体験をすることができると思います。
・合計10回実施される教室の最終日は、12月16日(日)に松山市の坊ちゃんスタジアムで”交流戦”を実施後、閉講式を行い今回の事業を終了しました。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ