宮崎正裕剣道教室

事業名 宮崎正裕剣道教室
実施日時 2012年1月29日(日)9:20~14:00
実施場所 東予体育館
講師氏名 宮崎 正裕 氏・遠藤 寛弘 氏
対象者 小・中学生 100名

・今年度、次世代育成支援スポーツ事業“武道種目”として2種目目になります“剣道教室”が、12月9日(日)西条市東予体育館にて開催されました。講師は、全日本で何度も優勝経験があり、大変優秀な指導者である“宮崎 正裕”さんに神奈川県より来て頂きました。またサブ講師として、愛媛県警の遠藤 寛弘さんにも来て頂きました。

・開講式で主催者を代表して青野市長にご挨拶を頂いた後、さっそく講師に指導をして頂きましたが、参加した受講生は、小中学生の皆さん約140名です。
・非常に気温の低い日でしたが、武道の基本は“礼に始まり礼に終わる”と言われていますが、素足ですのでケガの予防も含めて、体を十分に温めながら竹刀を持ちます。そして、素振りを何度も何度も行います。

・宮崎講師からは、体の安定した状態(特に腰の位 置や安定感)が大事なことや、竹刀を持ってまず 重要なことは、自分及び相手が一番多い技は何か(メンや小手)について、問いかけをしながら実際 に受講生を相手にして、指導して下さいました。受講生は、日頃の練習とは少し違って、本当に真剣な態度や眼差しで講師の言葉を聞いていたのは印象的でした。
・寒さも感じないほどの熱気を感じました。

・教室の終盤では、受講生同士での対戦や、指導者と受講生との対戦を行い、レベルアップを図っていました。
・そして、質疑応答の時間では、受講生から講師に対して、初めて全日本で優勝した時の感想や、強くなるためにはどんな練習が必要かなど問いかけていました。
・教室の最後に受講生を代表して、西条武徳殿の山内 雄生 君、楠河剣道会の芥川 悠里 さんがお礼の言葉を述べ終了しました。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ