陸上競技中・長距離指導者養成講習会

P1330660

■(公財)西条市体育協会の自主事業として、陸上競技中・長距離指導者養成講習会を、2月28日(日)ひうち陸上競技場にて、開催しました。陸上競技関係の指導者の方々に加えて、小・中学生の皆さん合計38名の方に参加して頂きました。今回の講師は、愛媛県陸上競技協会理事で、現役時代に″箱根駅伝゛で区間賞録を獲得し、その後愛媛県内で教諭として陸上競技の中・長距離指導者として活躍をされている「竹本 英利」氏に来て頂きました。 ■この講習会の狙いは、陸上競技中・長距離指導者の方々にジュニアの皆さんを指導する能力を向上させることにありますが、ジュニアの皆さんにも参加をして頂いて実際にトラックを走りながら、どのようなペース配分で走ればよいのか体験することにより、今後の大会等で活躍してもらうことが狙いです。 当日の天候は、風の影響も少なく走りやすい状態で、時々晴れるなどランニングには絶好の状態となりました。 ■竹本講師から、まず準備運動として軽いジョギングをしながら、途中中でステップや上半身・下半身を伸ばしたり、身体のひねりを加えます。次に、ジョギングをしながら最後列から最前列までダッシュを繰り返しますが、結構小学生の皆さんにはしんどいメニューですね。竹本講師からは、遅い動きの場合は「もっと早く」と掛け声がかかります。インターバルトレーニングの短いパターンですが、ダッシュを繰り返すことによって、より持久力をつけることが狙いです。 ■陸上競技の練習は、走るだけでは長続きしないので、次のメニューとしては少し重いボールを使用し、二人でペアを組み走りながらラグビーのように横にまずパスを行い、その後前方や後ろ向きにボールを投げて、ワンバウンドでキャッチをします。ボールが少し重たいので、身体のバランスがしっかりしていないとなかなか上手に投げられません。また、キャッチする側はボールをよく見て、素早い動きが求められます。 ■ボールキャッチの次は、いよいよ180mか ら270mの自分に合った距離で、40秒で走る10回のラップタイム走を行います。設定タイムを目標に、どのようなスピードで走れば自分の目標としているタイムに到達するのか?1回目・2回目と回数をこなしていきまが、5回を過ぎるとしんどくなってきます。 竹本講師からは、「しんどいけど頑張ろう」と声がかかります。小学生の皆さんも、中学生に負けないように自分の設定した距離で全員10回走り切りました。さすがに、講習会に出て来ているメンバーはへこたれません。 ■最後の練習メニューとしては、ミニハードルを使用し、二人ペアで地面を蹴るタイミングで腿上げを繰り返し行い、体幹の強化をしました。その後、質疑応答を行いましたが、「緊張をしないようにするには?」との質問に対して竹本講師からは「練習をしっかりして自信を持つように」と言われていました。午前中の部の最後には、受講生を代表して、西条北中学校の”藤田 真優゛さんがお礼の言葉を述べ、記念撮影後終了しました。 ■午後からは指導者の皆さんを対象に、練習方法などを理論を交えて意見交換をしました。竹本講師からは、本来は個人個人に合った練習メューが最も良いことではあるが、集団で教えている場合はそれぞれ別メニューと言う訳にはいかないので、指導者側としては一番難しい課題だと言われていました。指導者の皆さんにとっては、有意義な意見交換の場になったと思います。 【この事業の目的】 ・2017年えひめ国体開催に向けて、(公財)西条市体育協会として陸上競技中・長距離選手の養成を図るため、全国的に優秀な指導者を招聘し、西条市陸上競技指導者の養成を図ることを目的とする。 e

タグ

第1回SAIJOジュニアクライミングカップ

P1270915

■今年の5月に西条市氷見に完成した「石鎚クライミングパークSAIJO」の施設の有効活用と、ジュニアのクライミングクラブ会員の日頃の練習の成果を発揮する機会として、平成27年度の体協の新規事業として、『SAIJOジュニアクライミングカップ』を開催しました。  開催に当たっては愛媛県山岳連盟の関係者の皆さん及び西条市山岳協会の皆さんに、会場設営や審判及び補助等をお願いしたのですが、ルールそのものがまだまだ一般的に見て理解が難しい競技です。 ■開会に当たり、田中 稲造会長からえひめ国体に向けて、ジュニアの皆さんが日頃練習している成果を出せるようにして欲しいし、順位がついたとしてもその結果から次のステップを目指して欲しいと言われていました。  参加者の皆さんも、初めての大会だけに実際どのように対応すればよいのか、戸惑いは当然あるのが事実で、今回はどの程度出来るのかを判断する機会になったと思います。参加者の中には、声を良く出す小学生もいて期待感を少し持ちました。 ■まず、登った高さを制限時間内で競う「リード競技」からスタートしますが、ビギナーの部(初心者)とミドルの部(経験者)に分かれて開始しました。 ビギナーの部のコース設定とミドルの部のコース設定は、専門家である″ルートセッター゛の方がコース設定をするのですがこのコース設定が難しいですね? ビギナーの部は10人、ミドルの部は6人で挑戦しましたが、一番上に到達するジュニアもいれば、途中でしんどくなって断念するジュニアもいます。 ■保護者の方や家族の方も応援に駆けつけていて、”ガンバ゛”もう少し゛などと声援が飛びます。リードの場合は高いところに登るので高さに対する恐怖感や、ブロックをホールドするにも指先の力や足の指先の力も影響しますね。  次にボルダリング競技を行ったのですが、今回は3分間×4課題に挑戦して頂きました。やはりジュニアの皆さんは、手足がまだ長くないので、目標のブロックをホールドするのが難しいですね。そして、身体の反動を利用してホールドしなければならない等、大変です。 ■ 最終的に3位まで表彰をさせて頂きましたが、ビギナーの部では「定岡 侍(サブロウ)」君、ミドルの部では「定岡 凛(リン)」さんが、リード競技・ボルダリング競技ともに優秀な成績を収めました。  最後の講評では、西条市山岳協会の藤村会長から、「今回は初めての競技会と言うことで、不慣れな部分もあったと感じたが、今後しっかり練習を重ねて、来年もこの大会に臨んで欲しい」と言われていました。  今回の競技会を機に、競技者が増加することと競技への興味を持ってもらう人が増加することを期待したいと思います。 ■この事業の目的    2017年に愛媛県で開催される国民体育大会において、西条市開催種目に決定した“山岳競技   (クライミング)”の周知と競技力の向上を図るため、(公財)西条市体育協会の自主事業として実施   する。

タグ

H27年度(公財)西条市体育協会表彰式

P1210196

◆平成27年度(公財)西条市体育協会表彰式が、ご来賓として西条市長 青野 勝 様、西条市教育長 菊池 篤志 様、西条市議会議長 一色 輝雄 様のご臨席を賜り、2月20日(土)ホテルユニバース2Fにて、PM5:00から開催されました。 体育功労賞として 1名 後堂 則子 ...

タグ

西条市スポーツ指導者研修会

P1300984

・西条市体育協会の自主事業として、昨年度より『スポーツ指導者研修会』を実施し、今年で2回目となりますが、12月6日(日)に西条市総合福祉センターにて開催しました。この研修会の目的は、西条市に在住するスポーツ指導者の方々のレベルアップを 図ることが狙いです。 ・師走の第一日曜日で、各種のスポーツ大会の開催日とも重なったことから、参加者は20名と少数になりました。 ・まず前半の講演の部の講師は、愛媛大学教育学部の「田中 雅人」教授で、講義の部は㈱ヘルシープラネットの[今川 弥生」代表です。 ・お二人の略歴ですが、田中講師は筑波大学体育研究科修士課程を卒業され、専門は体育方法学です。サッカー・スキーに精通されており、各種団体の委員等をされています。今川講師は、管理栄養士及び公認スポーツ栄養士として、㈱ヘルシープラネットを立ち上げ、代表としてご活躍中ですが、西条市にも食とスポーツの関係について、何度も足を運んで頂いています。 ・田中会長が主催者を代表して挨拶した後、田中橋講師の講演に入りましたが、テーマは『スポーツおける動機づけ~やる気を支えるエネルギー~』と題して映像を交えながらご講演頂きました。 ・講演の内容としては、指導者として″スポーツをしていた選手がやめる原因は何なのか゛をデータで示して頂いて、最終的にはやる気をどのように持たせるのか、その方法論について投げかけて頂きました。指導者の皆さんにとっては、大変参考になったと思います。 ・休憩の後、今川講師の講義に入り、テーマとして「競技力向上のための食事と栄養」と題して映像を交えて講義をして頂きました。 ・今川講師は、身体は食べ物からできており、スポーツ選手の食事と栄養は大切なので、具体的に栄養となるものを、どのようなタイミングで摂取すれば効果があるのか、教えて頂きました。また、今川代表が指導をしている選手について、試合前に摂取するものを”変えよう゛と言っても、選手がこれまでの習慣を変えらないことを例に挙げられていましたが、変える勇気を持てばその選手の成績がアップする可能性は高くても、習慣と言う壁があることも体験として話されていました。 ・田中講師の講演、今川講師の講義の内容に対して参加者からの積極的な質問・意見が出されていましたが、特に”指導者として選手とどのように向き合っていけば良いのか゛非常に参加になったとの感想や、スポーツと食事の関係について改めて考える良い機会となった、などの感想を述べられていました。 ・西条市体育協会としては、来年度もスポーツ指導者の皆さんの活動を少しでもアシストできるような研修会を実施したいと思います。

タグ

障害者フライングディスク競技大会

P1280432

■(公財)西条市体育協会の自主事業として、障害者の方に気軽にスポーツに接して頂くために、昨年度『障害者フライングディスク競技大会』を開催しましたが、今年度も10月10日(土)に、ビバ・スポルティアSAIJOにて開催させて頂きました。2017年には、愛媛県で障害者スポーツ大会の開催が決定し、西条市では「フライングディスク競技」が実施されます。  フライングディスクは、軽量ですので安全性が高いことから、全国的にも競技大会が近年は数多く開催されるようになってきましたが、今回は、競技に31名が参加して下さいました。 ■昨年、長崎県で開催された『全国障害者スポーツ大会』のフライングディスク競技に、愛媛県代表として西条市から出場した『越智 義則』氏と『高橋 征三』氏が優秀な成績を収められました。日頃の練習の成果をいかんなく発揮頂いた結果として、大変喜ばしいと思います。 愛媛県庁内にも、障害者スポーツ大会課を設置頂くなど、本番開催に向けて取り組みが進められているところですが、今回の西条市の競技大会に職員の皆様が駆けつけて下さり、″みきゃん゛も来場頂いて、競技大会の盛り上げに一役買って頂きました。 ■今回の競技大会には、昨年もご協力を頂きました愛媛県障害者フライングディスク協会の信田会長を始め協会員の方々8名が、大会の審判等を引き受けて頂き、大変感謝申し上げます。また、2017年に西条市で開催される全国障害者スポーツ大会に向けて、審判養成講座も適宜開催されるなど、県命に努力をされています。また、ご来賓として愛媛県身体障害者スポーツ協会の「関 種夫」会長にも、昨年に引き続いて来西頂きました。 ■午前中は、アキュラシー競技(5m&7m)を行いますが、競技に入る前にしっかり練習をして頂きます。ディスクを円形の輪(アキュラシー)に10回投げて何回通過するのかと言う競技です。立位と車イスの部にて競います。  今回は、”みきゃん゛も練習をしましたが、なかなかディスクを上手く投げれないですね。アキュラシーの5mについては、10投全部通過する人が2名おりましたが、やはり全国大会入賞者でした。さすがに7mの場合は難しく、10投全部通過する人はいませんでしたが、7回通過する人が最高でした。 ■午後は、ディスタンス競技で、ディスクを可能な限り遠くに飛ばす競技です。今回の会場であれば、距離的には全く問題がないので、安心して投げてもらえます。競技開始前に練習をしますが、上に向けて投げるとあまり飛ばないし、回転をかけて水平より少し上気味に投げると遠くへ飛ばせる感じがしました。 競技は、3回投げて一番遠くへ飛んだ地点を記録とします。ディスクが勢いよく遠くへ飛ぶと「ウワー、すごい」と歓声が沸きます。 ■競技結果としては、アキュラシーの部は5mと7mの総合で、第1位は立位の部が「越智 義則」さんで、座位の部が「稲葉 功」さんでした。 ディスタンスの部は、立位の部は第1位が、「伊藤 健一」さん、座位の部が「稲葉 功」さんとなりました。第3位まで表彰をさせて頂きましたが、参加された皆さんは競技力の向上と楽しさも向上していると感じました。後援及び協賛を頂きました関係各団体及び関係会社の皆様始め、当日お世話を頂きました「愛媛県障害者フライングディスク協会」の皆様や、愛媛県庁の皆様には大変感謝を申し上げます。有り難うございました。 ■この事業の目的  2017年に愛媛県で開催される全国障害者スポーツ大会において、西条市開催種目に決定した“障害者フライングディスク競技”の周知と競技力の向上を図るため、(公財)西条市体育協会の自主 事業として実施する。

タグ

このページの先頭へ