バレーボール教室

・令和2年度次世代育成支援スポーツ事業『バレーボール教室』を3月13日(土)に開催しました。 ・講師は昨年度に引き続き「櫻井由香」氏と「冨士田裕大」氏をお迎えして、西条市総合体育館での開催となりました。 ・本年度のバレーボール教室開催は、新型コロナウィルス感染拡大の警戒期で、当初予定のバドミントン教室講師の来西が出来なくったため、急遽バレーボール教室を計画・実施することになり、3月での開催となりました。受付時の検温、手指消毒、教室休憩開始時の手指消毒等、ウィルス感染対策を十分に行った上で開催致しました。 ・開講式では、玉井敏久西条市長より「櫻井由香」「冨士田裕大」両講師に対して感謝と激励の挨拶を頂きました。 ・午前の部は、工夫されたウォーミングアップを済ませた後、ジャンプの練習、俊敏な動きの練習を実施しました。その後、ボールを使用し、遊び感覚を交えた練習を実施しました。講師二人の連携プレイで、サーブやレシーブ、スパイクなどの基本練習を行いました。 ・午後の部は、トスを上げての各種スパイク及びサーブの練習を行いました。その後、参加チーム同士の実践練習、最後に講師、スタッフ交えての実践練習を実施しました。 ・閉講式に、講師がVリーグ機構から持参したノートやTシャツ、バッグ等のお土産を受講者にプレゼントするサプライズがあり、大変盛り上がりました。 ・全般にそれぞれの地域で所属しているチームのメンバーが多く、普段からの仲間と一緒に、トップ選手による指導を受けることにより、楽しく競技に取り組むことができました。保護者の方々も最後まで教室を見守って下さり、確実にバレーボール並びに当教室に関心を持つ人々の増加につなげることができた居教室になりました。

タグ

柔道教室

・令和2年度次世代育成支援スポーツ事業『柔道教室』を12月13日(土)に開催しました。 ・講師は地元西条市出身で2014年世界選手権覇者の「宇髙菜絵」選手(株式会社ブイ・テクノロジー女子柔道部監督)をお迎えして、西条市総合体育館第2格技場での開催となりました。 本年度柔道教室開催は、新型コロナ感染拡大状況を鑑み開催可否を検討した上、感染拡大防止策を徹底し開催致しました。具体的には受付時の検温、手指消毒、教室休憩開始時の手指消毒と畳の消毒を致しました。 柔道教室中も基本的にはマスク着用とし、体調面を考慮し着脱を可としました。 ・開講式では、玉井敏久西条市長より宇髙菜絵講師に対して感謝と激励の挨拶を頂きました。 ・準備運動の後、指導会では宇髙講師や柔道連盟指導者が受講生一人一人に優しく分かり易い指導をして頂き、受講生も必死で練習に取り組んでいる様子が伺えました。 ・指導内容としては、講師の得意技を受講生の前で披露し、受講生が実技を繰り返し習得していました。 ・最後に閉講式を行い、受講生を代表して西条柔道会の「工藤名瞬」さんより、指導頂いた講師に対してお礼の言葉がありました。 ・その後、記念写真を撮って全てを終了しました。

タグ

サッカー教室

・令和2年度次世代育成支援スポーツ事業『サッカー教室』が、西条市“東予運動公園球技場”にて開催されました。 今回の講師はJ3で活躍中のFC今治サッカーチーム9名(選手:3名、コーチ:4名、スタッフ:1名、OB1:名)にお越し頂きました。 ・今回受講者は、小学生74名(1~3年生男子62名、1~6年生女子12名)が参加しました。新型コロナ感染拡大防止の観点から、募集定員を抑えた人数で募集しましたが、大変好評で募集開始から早期に定員に達してしまい、募集締切り後も多くの方々から応募、問合せの連絡がありました。 人数に制限があり、今回ご希望に添えなかった参加希望の皆様には大変申し訳ありませんでした。 ・本年度サッカー教室開催は、新型コロナ感染拡大状況を鑑み、開催可否を検討した上、感染拡大防止策を徹底し開催致しました。具体的には受付時の検温、手指消毒、教室休憩開始時の手指消毒を致しました。 教室中も基本的にはマスク着用とし、屋外であることと、走り回るので体調面を考慮しマスク着脱を可として進行しました。 ・当日は、曇りのち晴れで雨は降りませんでした。開催前の天気予報では降雨の予報もありましたので、教室メニューもFC今治コーチの方々が、降雨パターンと降雨無しのパターンを事前に検討の上、両方対応できるように準備をして頂いていました。もし降雨量が多かった場合は、参加者の体調面を最優先に考え、午前中で終了することも検討していました。教室中に降雨がなく無事開催出来て本当によかったです。 ・開講式では玉井敏久西条市長より、FC今治サッカーチームに感謝と激励、今後の活躍について期待を込めたご挨拶をされました。 ・FC今治布山コーチよりご挨拶と矢野社長のご紹介とご挨拶、その後講師全員のご紹介を頂きました。   ・開講式終了後、受講生を8グループに分け、チーム毎に実技指導を受けました。 ・午前中は各班でドリブル、パス回し等の基本練習を中心に行い、その後試合形式で進行しました。 ・午後からは、FC今治サッカーチーム講師の方々が各班に参加し、各班対抗で試合を行いました。 講師の方々の盛り上げ方が上手で、参加者たちは皆真剣な眼差しで、本当に楽しそうにボールを追って走り回っていました。 ・閉講式ではFC今治の布山コーチから講評を頂き、その後受講生を代表し、小学3年生の“清水輝皇さん”からFC今治サッカーチームの講師の方々へお礼の言葉を述べました。閉講式終了後、FC今治様から記念品を参加者の皆さんにプレゼントして頂き、皆大変喜んでいました。    

タグ

令和2年度次世代育成支援スポーツ事業『荒賀龍太郎空手道教室』

・令和2年度次世代育成支援スポーツ事業『空手道教室』を3月14日(日)に開催しました。 ・今回は講師として「荒賀龍太郎」氏をお迎えして、西条市西部体育館での開催となりました。荒賀氏は高校3年間インターハイ・選抜・国体において8冠無敗、全日本選手権2009年史上最年少19歳で優勝~2106年まで5回優勝史上最多。国体は2006年から2012年にかけて7連覇、2016年世界選手権、2018年にはアジア大会にて優勝。東京2020オリンピックでは空手道(組手男子75キロ超級 )日本代表に内定しており、現在は京都産業大学空手道部監督としても活躍しています。 ・本年度の空手道教室開催は、新型コロナウィルス感染拡大防止対策のため、当初予定の12月から延期となり、3月での開催となりました。受付時の検温、手指消毒、教室休憩開始時の手指消毒等、ウィルス感染対策を十分に行った上で開催致しました。   ・開講式では、玉井敏久西条市長より「荒賀龍太郎」講師に対して感謝と激励の挨拶を頂きました。 ・午前の部は受講生の実技指導を中心に展開された。ウォーミングアップから始め、俊敏性を育てるため、小刻みの動き、走り、ダッシュする繰り返しを練習に取り入れていただきました。その後、突き、蹴りの基本動作の練習を行いました。閉講式を終え、記念撮影行い、午前の部を終了しました。 ・午後の部は、受講生の実践を見ながらの審判判定の強化訓練を実施しました。旗の上げ方から判定の仕方まで細部にわたる指導をしていただきました。主審は4名の副審の旗の色を見ながら瞬時に判断し、素早く判定を行うことを指導されました。 ・全般に受講者は道場に通う経験者が多く、普段からの仲間とともに受講でき、トップ選手による指導を受けることにより、楽しく競技に取り組むことができました。保護者の方々も最後まで練習を見守り、感心していました。確実に競技人口増加につなげることができた教室の開催になりました。

タグ

ボールゲームフェスタ

  ・西条市次世代育成支援スポーツ事業『西条市ボールゲームフェスタ』が、11月23日(月)に西条市総合体育館で開催されました。平成24年度以降継続して開催しており、参加する小学生も楽しみな行事の一つとしていただいているようです。 ・本年度は、新型コロナウィルス感染拡大が冬に向け少しずつ拡大傾向にあったため、開催が危ぶまれましたが、感染拡大防止対策を徹底することで無事、開催することが出来ました。 具体的には受付時の検温、手指消毒の他、休憩ごとに手指の消毒、ボールや備品の消毒、各講師にはコロナ対策メニューを考案頂き、「三密回避」につながる進行を心掛けて頂きました。 ・参加者は昨年度と同様で小学1年生~3年生までを対象とした「キッズチャレンジ」に68名、 小学生の親子を対象とした「ボールであそぼう」に35組(70名)と前年度より多くの人が参加して開催されました。 ・「キッズチャレンジ」を実施する目的は、小学生低学年では学校で複数の球技を体験することが少ないため、児童に有名なアスリートから指導をして頂くことで、いろいろな球技に興味を持ってもらうことが狙いです。 ・「ボールであそぼう」を実施する目的は、さまざまなボールを使って、親子で楽しいボール体験ができるようにするのが狙いです。 ・午前中の「キッズチャレンジ」では、参加者を4チームに分けて4種目(バスケットボール、バレーボール、ハンドボール、タグラグビー)の球技を、40分間隔のローテーションで4種目全部を体験してもらいました。 ・講師はバスケットボールが「近藤楓」さん(新居浜商業出身でリオオリンピック日本代表)、バレーボールは「櫻井由香」さん(北京オリンピック日本代表)、ハンドボールは「前田誠一」さん、タグラグビーは「岡村要」さんと「向井陽」さんの元全日本クラスの皆様に来て頂きました。 ・各講師の素晴らしい指導及び応援スタッフの暖かい補助により、参加した児童が楽しくそして元気よく体験することが出来ました。 キッズチャレンジ キッズチャレンジ閉講式 講師講評 キッズチャレンジ 記念写真 ・午後からの「ボールであそぼう」については、小学生の児童と親子のペアでの参加ですが、毎年好評でリピーターも何組かいる等、年々参加希望者も増えてきたことで盛り上がったイベントになりました。 ・「キッズチャレンジ」から引き続き講師を務めていただいた「岡村要」さんと「向井陽」さんによる息の合ったユーモアたっぷりの大変楽しい指導に、参加者は親子でボールを使った遊びを学びながら楽しめる良い機会となったようです。 ボールであそぼう開講式 普段親子で遊ぶ機会が殆んどなく、参加されたご親子は大変楽しい時間を設けてもらったことを喜ばれていました。 また、今回も参加者の多数は是非来年度も参加したいとおっしゃって頂きました。 「ボールであそぼう」 記念写真 ・最後に今回のボールゲームフェスタ開催に当たりましては、種目競技団体及び小体連の先生方に大変お世話になり有難うございました。

タグ

スポーツクライミング 教室

・西条市次世代育成支援スポーツ事業「スポーツクライミング教室」は、当初予定していた5月開催から新型コロナウィルス感染拡大防止を鑑み延期となり10月25日(日)に実施しました。 本年度は新型コロナウィルス感染拡大状況を見て、開催可否を決定する大変な年になりましたが、「スポーツクライミング教室」が令和2年度最初の西条市次世代支援スポーツ事業開催となりました。 ・本年度 “平山ユージ”講師は3年前から継続してお願いし来西して頂いています。平山講師は19才の時に、単身フリークライミングの本場ヨーロッパへ渡り、フランス・マルセイユを拠点に数々の国際クライミングコンペに出場し、1989年のフランケンユーラカップの優勝をはじめ数々の上位入賞を果たした実績をお持ちで日本トップクラスの実力者、功労者です。現在は、公益財団法人日本山岳・スポーツクライミング協会の副会長としてご活躍されています。 TV放送される国内外のスポーツクライミング大会等の解説者として、メディアにも頻繁に登場しておられます。 ・また、スポーツクライミング競技は、2020東京オリンピック(延期2021年開催予定)に追加種目として初めて採用され、西条市においてもスポーツクライミング教室で利用しているスポーツ施設「石鎚クライミングパークSAIJO」は、強豪国オーストリアのオリンピック事前合宿や日本代表合宿にも採用され、令和2年度は第3回コンバインドジャパンカップ、西条市大亀カップ等の全国大会も予定されています。西条市内にアウトドア総合メーカー「モンベル」のクライミング体験施設やキャンプ場など併設した「モンベル アウトドアオアシス石鎚(石鎚山サービスエリア隣接)」が昨年オープンし、他にもアウトドアショップ「クロスポイント」が四国中央市からの移転オープンなど、西条市ではスポーツクライミングをはじめとしたアウトドアスポーツが大変注目されています。 ・今回のスポーツクライミング教室の参加者は、西条市内及び県内から小学生39名、高校生11名の合計50名が参加しました。本教室と同日にジュニア四国大会が、徳島県藍住町で開催されたため、中学生をはじめ当教室への参加者が分散しましたが、本教室はビギナー中心に丹原高校スポーツクライミング部の参加もあり大変盛り上がった教室となりました。 また、今回は新型コロナウィルス感染拡大防止の対策として受付時の手指消毒、検温、体調チェックシートの提出や競技中のマスク着用など徹底しました。 ・開講式では、主催者を代表して、玉井敏久西条市長よりの感謝と激励のご挨拶を頂きました。 ・教室運営は平山講師、と愛媛県山岳連盟、西条市山岳協会の皆さんにご協力いただきました。 ・開講式後は全員で準備運動を行いその後、参加者を2班に分け午前、午後でボルダリング競技とリード競技を入れ替え分けて指導して頂きました。 午前の部 ・受講生は、世界で活躍されたトップクライマーの指導や技を目の当たりにし感動していたようです。 ・閉講式では、平山講師から講評として「みんな一生懸命やっていた。人間としての成長がクライミングの上達にもつながる。」とのお話もいただきました。 ・最後に全員で記念撮影を行い終了しました。 閉講式 今回もご協力を頂きました「愛媛県山岳連盟」、「西条市山岳協会」の皆様には大変お世話になりました。 記念撮影 2020 平山ユージ スポーツクライミング教室 チラシ(申込書)、体調チェックシート(新型コロナ対策) ダウンロード用PDFファイル クライミング教室チラシ&体調チェックシート20201025  

タグ

ジュニアアスリート競技力向上 卓球教室

・西条市では中学生を対象として、優れた指導者による継続した競技力向上のため次世代育成支援スポーツ事業を開催しており、『卓球教室』については、平成24年度から年間数回実施しています。 ・今年度も年間5回に渡って、講師として相原スクール代表者の″相原 ひとみさん゛と相原スクール指導者の″小笠原 大和゛さんをお招きして、第1回目の教室を10月17日(土)に、第2回目は翌日の18日(日)、第3回目を12月19日(土)、第4回目を翌年3月6日(土)に、最終の第5回目を3月20日(土)に開催しました。 市内中学校で卓球クラブ活動をしている150人を超える部員が参加しました。 ・第1回は開講式の後、基本練習、目標の設定、攻撃・守備・つなぎ練習の説明と実践、応用練習が行われました。第2回は技の取得、応用練習の後、試合想定で技を使う練習が行われました。第3回は状況に応じた自己分析(試合の組立て取得)、レシーブ、守備強化練習の後、部活動顧問、市内コーチの方へ指導の取組み方に関する講習が行われました。第4回は試合での予測力の向上のため実践上での予測方法取得の練習、試合形式によるチーム勝抜き戦が行われました。最終の第5回目はトップチームを作るための目標設定の重要性の説明の後、チーム対抗戦、個人戦による勝抜き戦、戦型に分かれた個別指導が実施され卓球教室を終了しました。 ・卓球教室を開始して以降、8年連続の開催となりますが、相原講師に依頼して6年目を迎え、西条市内中学校のレベルも上がり、着実に大会等で優秀な成績を収めることができるようなってきています。相原講師は、声を出すことも強く求めます。スポーツをするための基本である声を大きく出すことを徹底して要求し、併せて卓球の試合を想定した成長面での促すことにより、個人及びチームとしての成績の向上に結び付いています。卓球種目は、ジュニアの世代が日本のトップになるなど、練習する環境が向上しています。本市においても、年間5回の教室を開催できることは恵まれた環境にあり、今後も教室を継続していく意義は大きいと思われます。

タグ

剣道教室

・令和2年度次世代育成支援スポーツ事業『剣道教室』を3月7日(日)に開催しました。 ・講師は前回同様に「大城戸功」講師をお迎えして、西条市丹原体育館アリーナでの開催となりました。 ・本年度の剣道教室開催は、新型コロナウィルス感染拡大防止により当初予定の7月から延期となり、今回の日程となりました。受付時の検温、手指消毒、教室休憩開始時の手指消毒等、ウィルス感染対策を十分に行った上で開催致しました。 ・午前の部は最初大城戸講師より剣道に対する心構えのお話をいただき、引き続き基礎練習に入りました。 ①礼の姿勢、蹲踞の姿勢から正しい動作のありかた②素振りの基本を入念に指導③すり足の指導の徹底など、ゆっくり確実の練習に徹して指導されました。 ・午後の部では、防具をつけての技術面の指導が行われました。 ①小手打ちの技術(踏込足から送り足が大事)②面打ち(すり足から送り足が大事)③仕掛け技、返し技、抜き技 ➃1対1による練習(すり足面打ちから踏み込み足面打ち、小手、面切り返しから小手、面、胴の切り返し) ・全般に各地域の道場で練習している参加者が多く、熟練者による指導を受けることで、より高い技術の習得、厳しいながらも楽しい競技の取組みができました。参加者同士の横の連帯もでき、今後の剣道の練習に一段と身が入るような好結果となりました 最後に大城戸講師より全体を通しての指導、講話をいただき、受講生からは代表で「丹原東中学校野口佳那子」さんがお礼の言葉を述べました。最後に集合写真撮影を行い今回の剣道教室を終了しました。

タグ

このページの先頭へ