スポーツクライミング教室2回目

・平成30年度次世代育成支援スポーツ事業『スポーツクライミング教室』が10月13日(土) に石鎚クライミングパークSAIJOで開催されました。
・今回は西条市主催によるスピード壁新設オープンセレモニーの一環として教室開催と なった。
・講師には日本人の両親を持つニューク生まれで世界のトップクライマー白石阿島氏と前回の教室で指導頂いた清水裕登氏のお二人をお迎えしての教室となりました。
・参加者は小学生65名、中学生8名、高校生5名の78名となりました。
今回は世界のトップクライマーに指導して頂けるということで多くの参加となった。
・開講式では玉井敏久西条市長より両講師にへの感謝と激励、そして受講生の皆さんにクライミングの楽しさを知ってもらい、今後の競技人口拡大と地元から世界で戦える様な選手が出てくる励ましのご挨拶を頂きました。
・開講式終了後、リード会場は白石阿島講師が担当、ボルダリング会場は清水裕昇講師が担当され指導会に入る。
・リード会場では世界のトップクライマーである白石阿島講師が指導してくれると言うことで受講生は真剣に取り組んででいた。
また、白石講師は受講生に対して大変優しい対応をされていた。
・一方ボルダリング会場では清水裕登講師による指導の後、質問コーナーが設けられ 今回のセレモニーで特別に及びしていたオーストリア選手団一人一人から返答して頂くパフォーマンスもあり受講生は大変盛り上がっていた。
・13時20分より閉講式を行い白石、清水両講師より講評を頂き、受講生を代表して谷崎勇太君よりお礼の言葉があり閉講式を終了する。
・閉講式終了後、両講師中心に記念写真を撮って全てを終了する。
・今回は西条市のスピード壁新設オープンセレモニーの一環としての次世代開催となったため、スポーツ健康課及び西条市山岳協会の皆様には大変お世話になりました。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2018年8月13日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:次世代(H30)

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ