ソフトテニス教室

・西条市次世代育成支援スポーツ事業”ソフトテニス教室゛が、10月20日(日)西条市市民公園テニスコートにて開催されました。講師は、西条市ソフトテニス連盟会長の「村上新一」さん(大学在学時西日本インカレ優勝、全日本インカレ3位、元国体愛媛県代表)にお願いしました。


・当日の天候は10月にしては暖かく、曇りでしたが時々晴れ間もあり風もなく、絶好のテニス日和となりました。
・今回の受講生は、市内中学生の皆さん80名と大変多くの参加を頂きました。
・開講式では主催者の西条市こども健康部部長「近藤 貴和」氏よりご挨拶と講師紹介を頂きました。
・午前中は4コートに分かれて、まず手投げ打ちでフォア、バックを行い、コース打ちはストレートでフォア、バック、クロスでクロス側、逆クロス側を練習。

・講師及び指導者の皆さんから、ラケットの振り方や足の踏み込みや体重の移動など、細かい点を指導して頂きました。
・昼食休憩の後、レシーブ練習とボレー、ボレーはボールを目で捉えてラケットを動かしますが、角度も重要です。その後サーブとボレー練習を実施。

・閉講式では、講師の「村上 新一」氏より講評の中で「試合に勝つためだけに小手先の技術を練習するのではなく、基本動作を繰り返し行うこととテニスを好きになることが大事」とのお言葉を頂きました。
・受講生を代表して西条西中学校の「髙井 柊汰」君がお礼の言葉を述べ、最後に記念撮影をして教室を終了しました。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ