ジュニアアスリート競技力向上 卓球教室

事業名 ジュニアアスリート競技力向上 卓球教室
実施日時 2020年10月17日(土)~2021年3月20日(土) 合計5回開催予定9:00~16:00
実施場所 西条市総合体育館(10/17.18、12/19、3/6、3/20)
講師氏名 相原ひとみ氏、 小笠原大知氏
対象者 市内中学生、 男・女 (経験者)

・西条市では中学生を対象として、優れた指導者による継続した競技力向上のため次世代育成支援スポーツ事業を開催しており、『卓球教室』については、平成24年度から年間数回実施しています。

・今年度も年間5回に渡って、講師として相原スクール代表者の″相原 ひとみさん゛と相原スクール指導者の″小笠原 大和゛さんをお招きして、第1回目の教室を10月17日(土)に、第2回目は翌日の18日(日)、第3回目を12月19日(土)、第4回目を翌年3月6日(土)に、最終の第5回目を3月20日(土)に開催しました。

市内中学校で卓球クラブ活動をしている150人を超える部員が参加しました。

・第1回は開講式の後、基本練習、目標の設定、攻撃・守備・つなぎ練習の説明と実践、応用練習が行われました。第2回は技の取得、応用練習の後、試合想定で技を使う練習が行われました。第3回は状況に応じた自己分析(試合の組立て取得)、レシーブ、守備強化練習の後、部活動顧問、市内コーチの方へ指導の取組み方に関する講習が行われました。第4回は試合での予測力の向上のため実践上での予測方法取得の練習、試合形式によるチーム勝抜き戦が行われました。最終の第5回目はトップチームを作るための目標設定の重要性の説明の後、チーム対抗戦、個人戦による勝抜き戦、戦型に分かれた個別指導が実施され卓球教室を終了しました。

・卓球教室を開始して以降、8年連続の開催となりますが、相原講師に依頼して6年目を迎え、西条市内中学校のレベルも上がり、着実に大会等で優秀な成績を収めることができるようなってきています。相原講師は、声を出すことも強く求めます。スポーツをするための基本である声を大きく出すことを徹底して要求し、併せて卓球の試合を想定した成長面での促すことにより、個人及びチームとしての成績の向上に結び付いています。卓球種目は、ジュニアの世代が日本のトップになるなど、練習する環境が向上しています。本市においても、年間5回の教室を開催できることは恵まれた環境にあり、今後も教室を継続していく意義は大きいと思われます。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ