令和3年度平山ユージ氏によるスポーツクライミング 教室

事業名 スポーツクライミング教室
実施日時 2021年6月27日(日)
9:30~15:00
実施場所 石鎚クライミングパークSAIJO
講師氏名 平山ユージ氏
対象者 小学校4年生以上 中学生(男女)

・西条市次世代育成支援スポーツ事業「スポーツクライミング教室」を、新型コロナウィルス感染拡大防止により当初予定していた5月9日(日)から6月27日(日)に延期して実施しました。
・平成30年度から引き続き本年度 も“平山ユージ”講師にお願いし来西して頂きました。平山講師は19才の時に、単身フリークライミングの本場ヨーロッパへ渡り、フランス・マルセイユを拠点に数々の国際クライミングコンペに出場し、1989年のフランケンユーラカップの優勝をはじめ数々の上位入賞を果たした実績をお持ちの日本トップクラスの実力者、功労者です。 TV放送される国内外のスポーツクライミング大会等の解説者としてメディアにも頻繁に登場しておられます。

・西条市内にはアウトドア総合メーカー「モンベル」のクライミング体験施設やキャンプ場など併設した「モンベル アウトドアオアシス石鎚(石鎚山サービスエリア隣接)」の開設、他にもアウトドアショップ「クロスポイント」が四国中央市からの移転オープンなど、西条市ではスポーツクライミングをはじめとしたアウトドアスポーツが大変注目されています。

・今回のスポーツクライミング教室の参加者は、西条市内及び県内から小学生29名、中学生1名、高校生2名の合計32名が参加しました。コロナ禍での開催となるため、ウィルス感染拡大防止の対策として受付時の手指消毒、検温、体調チェックシートの提出や競技中のマスク着用など徹底、教室を開催しました。

・開講式では、主催者を代表して、玉井敏久西条市長よりの感謝と激励のご挨拶を頂きました。

・教室運営は平山講師、スペシャルサポーター徳永講師と愛媛県山岳・スポーツクライミング連盟、西条市山岳・スポーツクライミング協会の皆さんにご協力いただきました。

・開講式後は平山講師、スペシャルサポーター徳永講師の2人によるオリンピック講話を対談形式で行いました。スポーツクライミング競技の詳細、現在活躍しているオリンピック選手についての話など子どもたちに興味のある内容が話され、子どもたちの東京オリンピックへの関心が高まったと思えます。

・講話後、参加者全員で準備運動を行いその後、参加者の経験有無を確認し、「ボルダリング競技」「リード競技」2班に分け教室を開始しました。「ボルダリング競技」は平山講師、「リード競技」は徳永サブ講師が担当されました。

・午前の部は未経験者が「ボルダリング競技」に参加しました。初めて参加する子どもたちにわかり易く指導していただくことにより、上手に登れるようなる子どもたちが数多くいました。経験のある子どもたちは、「リード競技」を行いました。高さがあるクライミングにも関わらず果敢にチャレンジして頂上まで登りきっていました。

・午後の部は、午前の部と班の入れ替えを行い、未経験者が「リード競技」、経験者が「ボルダリング競技」に取り組みました。両競技とも平山講師、徳永サブ講師とともに愛媛県山岳・スポーツクライミング連盟、西条市山岳・スポーツクライミング協会の方々に補助指導をいただき、一人ひとりにきめ細やかな指導を行うことができました。経験の有無で班分けしたことにより、技量にあった指導を行いことができ、競技技術の向上とともにクライミング技術に対する興味づけを行うことができました。

・閉講式では平山講師から「目づくりで作った課題を皆が楽しく成功して登りきってくれ、成果があったことに満足している。オリンピックの話により少し夢が広がったのではないか。これからの練習を通して自分のクライミングの成長を少しずつ楽しんで欲しい。そして、来年、また皆さんに会えることを楽しみしています。」とのお話をいただきました。その後、受講生からの代表で「丹原高校相原麻菜美」さんがお礼の言葉を述べました。

・最後に全員で記念撮影を行い終了しました。

プロフリークライマー 平山ユージ氏をお招きして
スポーツクライミング教室を開催いたします

20210627スポーツクライミング教室チラシ

新型コロナウイルス感染拡大防止対策のため
参加者の方には、当日下記の体調管理チェックシートをご記入の上、ご提出いただきます。
ご協力よろしくお願い致します。

コロナ体調管理シート

チラシおよび体調管理チェックシートはコチラから↓↓↓ダウンロードできます

スポーツクライミング教室チラシ

体調事前シート

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ